女子の大敵!悪臭放つ足のムレ対策にはオドイーター

足がむれる状態になると悪臭が発生してしまいます。

人が多い場所で靴を脱ぐ必要があるときに、足から生じる臭いはやはり嫌なものです。

足の臭いは臭いを発している本人も気持ち悪いでしょうが、身近な人も気持ちのいいものではありません。

このことから、足がむれるのを防ぐ対策はマナーとして欠かせないことでしょう。

足がむれることや臭いが発せられるトラブルに効果があるものとして、オドイーターの除菌・消臭スプレーが提供されています。

このアイテムは製薬会社によって研究や開発が行われて作られたものです。

オドイーターの除菌・消臭スプレーというのは他のどの類似商品よりも、足がむれるのを抑えたり、消臭することにおいて絶大な効果があります。

靴内に向けてスプレーすることによって、むれた足から放たれるあの鼻をつく臭いを一瞬で中和し臭いを取り除いてくれます。

それ以外にも、臭いの要因と言われるばい菌やカビといったものも除去してくれるので、靴の中を清潔に保つことができます。

サラサラのパウダーは白っぽくなることはないので、足のきれいさが損なわれる可能性もありません。

この商品はドライなアルコールスプレーに該当するので、湿気を解消する効き目もあり足がむれるのを防止してくれます。

また、ドクターショールのフレッシュフィートスプレーも足がむれるトラブルを軽減してくれるスプレーとしてよく売れています。

足のサラサラ感が続く足を対象とした制汗スプレーですから、汗を排出させないとともに臭いが放たれるのも防ぐことができます。

抗菌剤も配合されているので、くさい臭いの発生源となっているバクテリアも撃退してくれます。

ストッキングを脱がずにその上からスプレーすることも可能ですので、気が付いたときにどんなときでも吹きかけられます。

足向けの制汗スプレーを賢く使って、日頃から足を快適な状態にキープすることが望ましいでしょう。

足がムレるのはストレスが原因!?

足がむれてしまうトラブルは気温が高いときのみに出るのではありません。

足から汗が発せられてむれるのには暑い・寒いというよりもストレスや緊張といった心因的な部分が関係していると考えられています。
そのためゆったりとしている状態だとそれほど足がむれたりはしないのです。

自力で行うことが可能な足がむれることを予防する対策として、足が緊張状態となってしまうような刺激を与えないよう気をつけましょう。

それから、足がむれることから免れる手法というと、足のむれを引き起こさない靴を履いてみるのも一つの手です。
足がむれた状態にならないように通気性を考慮してサンダルなどを身に着ける人も見られます。

ところが、サンダルは裸足で身に着けることが少なくないので、外からの刺激を避けることはできず、足がストレスを感じやすく汗の量が増えてしまうとされています。
加えて、サンダルは汗の吸収力が低いので、足がむれることの対策として相応しくありません。
足がむれるのを阻止するためには、天然皮革素材の風通りのよい靴を選ぶといいでしょう。

これ以外で、足のむれから守るためには、足にぴったりフィットした靴を身につけることも大事なポイントです。

ゆとりのない靴だと足が余計にむれるのではないかと感じる人もいるかもしれませんが、サイズが適していない靴は足にストレスが加わり汗がどんどん出てきて足がむれる原因となるのです。

1センチくらいつま先に余裕があり、足の甲がゆったりとした靴は、靴の空気循環を助けてくれるのでむれにくいとされています。
靴の形に関しては、深い靴より浅い靴のほうが高い通気性を備えていて靴の中の湿気も軽減されます。

足のむれを回避できる靴として、毎日革靴を履かなければならないビジネスマンのために、靴の底にエアホールを設けた空気循環機能のビジネスシューズも発売されています。

足のムレを放置したままだと「異汗性湿疹」を招く?

何気に足の裏を見ると案外、発汗が見られます。
そのため靴の中は湿気が多く、足のむれが生じやすくなります。

足がむれた状態だと、靴の中の不快感の度合いがアップしてしまいます。
しかし、足がむれるのは気持ちが悪い、臭いが気になるということに限らないトラブルを発生させる場合があります。

足がむれることによって、異汗性湿疹という名の皮膚のトラブルを招いてしまいます。
異汗性湿疹と名付けられていることからも推測できるように、汗と結び付きのある病気です。

汗というのは体温を整える作用を持っていますが、足の裏から発散される汗はそれにとどまらず、驚きや緊張といった感情の違いに応じても見られます。

足裏で多く発汗して、汗を分泌するための汗腺に詰まりが生じると、水ぶくれができてきます。
水ぶくれができることが異汗性湿疹の原因とされています。

異汗性湿疹を阻止する方法としては、なるべく高温多湿にならないようにすることが肝心なようです。
このため、足がむれたままにしておくと、異汗性湿疹を招きやすくなります。
あとは、足がむれる問題を無視し続けていると水虫の症状も出やすくなります。

水虫は白癬菌という真菌が皮膚に付着して起こる病気なので、足のむれる人全てが水虫が起きるというわけではありません。

白癬菌はジメジメしている環境が好きなので、空気が通りにくい靴をずっとはき続けるような足がむれる状態を作り出してしまうと活性化してしまい瞬く間に増えていきます。

靴の内部で繁殖した白癬菌が足に付くことで、水虫になる可能性が大きい土壌ができあがるわけです。
足の病気にならないためにも、高温多湿などのむれている状態は避けたほうがいいでしょう。

インナーソックスが足のムレの救世主!?

足がむれるということはどのような人からしてもいい心地がしないものです。
そういった足がむれるといった状況を解決に導いてくれるインナーソックスなるものが発売されています。

名称にソックスと入っていると靴といった履物の下に身に着けるイメージがありますが、こちらのインナーソックスはそうではないのです。
足のむれ対策のソックスという枠組みで温むすびなる企業から、靴下の中に履くインナーソックスが発売されています。

このインナーソックスという製品は「靴下の中に履く肌着」といった考えからできていて、靴の内部の状況をよりよいものにしてくれます。
靴下はシルクや綿などといった天然素材で編み上げられているので汗を迅速に吸収・発散します。

足がむれるのを予防できるインナーソックスは、販売から1年で30000足の大ヒットとなった靴下です。
こうした販売状況の面からいっても、足がむれるのを何とかしたいと考える人の多さがよくわかります。

足の肌着であるインナーソックスを装着しておけば、むれやすい足の裏や指の間が常にサラッとしていて、ブーツや靴を気持ちよく履けるはずです。

靴下のさらに下に履くインナーソックスを活用している人がどう思っているのかというと、靴を脱ぐとき不安にならない、発汗があってもサラッとした質感をしているなど大勢の人から高い評価を得ているようです。

二重に靴下を着用するのは受け入れがたいという人も中にはいるでしょうが、このソックスには指先はなく、短いスニーカーソックスぐらいのサイズなので、重ね履きによる圧迫感などはないのです。

インナーソックスの値段は650円(税込み)とリーズナブルになっていますから、足がむれることに悩まされている人は使ってみてはいかがでしょうか。